*

返済の条件変更中に追加融資を受けることは可能?

t1

融資を断られても売掛金があれば

ファクタリングで即日資金調達できる

↓ ↓ ↓ ↓

ファクタリング
 

リスケジュールというのは、毎月行うべき融資返済が困難になってしまったことから、取引銀行に相談をして、毎月の元金返済を減らしてもらったり、また元利金の返済そのものを猶予してもらったりすることを言います。
 

借入をする時は、銀行に対して銀行取引約定書や金銭消費貸借契約書などを提出し、毎月に返済するべき金額を金銭消費貸借契約書にサインすると、定められた通りに返済をしなければいけませんが、業績悪化や赤字続きといった時に返済することが難しくなります。

 

約定通りに銀行に対してリスケジュールを依頼し受理されれば、倒産という最悪のケースを回避することが出来ます。
 

ただしリスケジュールを行ってしまうと、これから先、銀行から大口融資はもちろんのこと、ビジネスローンや商工ローンといったローン商品も利用出来なくなります。

 

 リスケ中でもファクタリングであれば資金調達も可能!

h2

そんな状態の時に、資金繰りでショートしてしまい、どうしても事業運転資金としてつなぎ資金が必要でしたらファクタリングで資金調達をする方法があります。
 

ビジネスローンなどで断られた場合にも、毎月安定した売掛金があり、来月の入金額が100万円を超えていれば即日に資金調達が可能です。

 

個人事業主という立場では利用出来ませんが、一般的な企業でしたら是非ファクタリングで現状の経営難を乗り越えてみてはいかがでしょうか?
 

融資を断られても売掛金があれば

ファクタリングで即日資金調達可能!?

↓ ↓ ↓ ↓

ファクタリング

公開日:
最終更新日:2019/01/12