*

事業運転資金の貸与が簡単に可能!?ファクタリングとは?

      2019/05/14

s1

融資を断られても売掛金があれば

ファクタリングで即日資金調達可能!?

↓ ↓ ↓ ↓

ファクタリング

「会社が赤字で倒産寸前!」…そんなときに事業運転資金を貸与してくれるところはどこがあるのでしょうか?

まず、一番先に思いつくのが銀行からのビジネスローン・事業者ローンではないでしょうか?

銀行に貸与してもらえるのであれば、安心感が違います。

また、銀行の法人向け融資は貸与利率なども比較的低めに設定されているので、返済する際に負担が少ないというのもメリットでしょう。

しかし、銀行から貸与してもらうには「様々な厳しい条件」を満たしていなければ審査は通過できません。

仮に会社の経営状態が資金ショート寸前であれば、なかなか審査に通ることは出来ないでしょう。

d2

では、「銀行は審査基準が厳しいのでもう少し甘いところで…」と考え、比較的審査の緩めな商工ローンでの貸付が選択肢として上がります。

具体的には消費者金融やビジネスローン会社、不動産担保ローンなどがあげられます。

確かにこれらのビジネスローンは銀行などに比べ、比較的貸与してもらいやすい傾向にあります。

ただその分、商工ローンは金利や利息なども高めに設定されているので、結局は借金が増えてしまっただけということにもなりません。

また、銀行のビジネスローンも商工ローンも共通して言えるデメリットとして「審査に時間がかかる」ということが挙げられます。

やはり大口融資ともなれば、申込企業のことを詳しく調べるため審査が長くなるのは当然のことです。

そのため、スピードが早い即日貸与などはして貰えないので注意しましょう。

f1

では、もし銀行からも商工ローンからも融資を断られてしまった場合、一体どうすればいいのでしょうか?

実は、これらの資金調達法以外にもファクタリングと呼ばれる即日資金調達も可能なサービスが存在します。

ファクタリングとは「来月ある売掛金を先に買い取ってもらい、資金化する」という、いわば事業資金の前借りのような資金調達法です。

ただし、ファクタリングは「借り入れ」ではありません。

そのため、負債として自社の信用情報が傷つくことはなく、バランスシートに記載されることもありません。

また、取引先にバレることはもちろんないので安心です。

入金がズレて今月の人件費が払えないといった企業にとってはかなり便利といえます。

返済の条件変更中や債務超過があったとしても、「法人企業で来月の売掛金が100万以上確実に入ってくる」のであればファクタリングは可能です。

倒産しそうな会社を救ってくれるファクタリング。

「無料でいくら貸与可能か見積もりをしてくれる会社」もあるので、まとまった資金が必要であれば、ぜひチェックしてみることをオススメします。

 - 資金調達の疑問! , ,

大手ファクタリング会社で

まずは無料見積チェック!

↓ ↓ ↓ ↓

ファクタリング    

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

資金繰りがショート寸前になったらどうすればいいのか?

融資を断られても売掛金があれば ファクタリングで即日資金調達可能!? ↓ ↓ ↓ …